FC2ブログ

PENNYWISE

life with apple.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GPSロガーは楽しい!

お久しぶりです。しばらく更新できずにいましたが、やっとこさ休みが頂けました。
その間、GPSロガーを使って九州内をうろちょろしてみたんで報告を。

今回試してみたのは、
Runkeeper (1200円→無料になりました)
iTrail (350円)
everytrail(無料→115円になりました)
の三つです。

この3つのソフトは
・自分の通った道をGPSを使って場所情報を記録し、後で自分の通った軌跡を地図上で確認できる。
・地図上の場所だけでなくスピード、標高、スタート地点からの距離も表示。
こういった機能を基本的には備えています。

データに関しては
everytrail, Runkeeperは専用サイトで管理。
iTrailは専用ソフトで管理。ただし、地図上での軌跡確認など、iPhone上でもある程度参照可能。
こんな感じですかね。

じゃあeverytraiとRunKeeperは同じじゃないか?となるんですが、細かい点で違っていてeverytrailは写真も保存可能(撮影した場所が地図上で記録される)。ブログに貼り付けられるパーツを自動生成してくれる(今回貼りませんがw)。といった点がRunKeeperと違います。

RunKeeperは全体を通してペースを棒グラフ状に表してくれるので、よく長距離を走ったりする人には良いかもしれません。iPhoneにはNike+も対応しなかった事ですし。ただ、消費カロリーは表示されません。今のところRunKeeperでは無理ですが、消費カロリーはiTrailが表示してくれます。このように、なかなか機能がうまい具合にバラついているので、自分の目的にあった物を導入すると良いと思います。

僕の場合、自分でソフトを使って管理するのが面倒。ドライブが多く、写真も一緒に保存したい。他の人のtripも見させてもらえる(公開している物のみ)。こういった理由で最近はeverytrailばかり使っています。実際にオフィシャルサイトに行って確認すると、どういった物かがわかると思います。

さて、GPSの精度はどうか。
ここ数週間、九州内をグルグルと数千キロほど回ったのですが、ほとんど地図上の道を外れることはありませんでした。3Gの届かない山、トンネルもたくさんありましたが、問題なし。トンネルの中はさすがに即位できませんが、トンネルを出ると即座に即位開始してくれました。

さらに、知らずに他のアプリ(メール、電話など)も途中で使ったりしましたが問題なし、everytrail使用中にホームボタン押す→他のアプリを使う→everytrailを再び起動する、で自動的に測定を中断・開始してくれるようです。ただし、他のアプリを使っているときはログは記録されないので注意。ちょこっと会話・メールチェックするぐらいなら問題ないと思います。Stop/resumeボタンがついているので、そこからも中断再開は可能です。

電池の持ちは、画面の輝度を下げ忘れた状態で3時間ほど使用しても警告は出ませんでした。電池はそれなりに減ってましたが。外部バッテリーがあれば、かなり持つと思います。

データのアップロードは3Gではなくwifiがオススメです。
3Gでも出来たんですが、やはり遅めですね。写真をたくさん含んでたりすると重くなるし。田舎ってのもあるかもしれませんがw HSDPAエリアの人はあまり問題ないのかも。
それでも僕はドライブが終わった時点で、save draftを押して一時的にsaveしてから自宅でアップロードするのをオススメします。
speedの問題もありますが、実は公開・非公開の設定がiPhoneからでは出来ないようなので、アップロード後すぐに非公開に出来る自宅でやった方が、あまり人に見られたくない人は良いんじゃないかと。ここらへんは人によりますが。

公開したくない人は、アップロードした後に、edit discriptionからprivateにチェックを入れてDoneを押してください。
081029-capture-2.jpg

081029-capture-1.jpg


アップするデータにもよりますが、wifiでもアップロードには時間がかかります。大抵の場合、フリーズしているわけでは無いと思うので、気長に待ってください。
公開・非公開くらいはアップする時点で設定できると良いんですけどねー。

公開用にどこかドライブすればよかったと後悔してますorz
世界中のいろんな人が公開してるんで、まだ知らなかった方は本家サイトから是非見てみてください!

地図は公開出来ませんでしたが、たまたま撮っていたeverytrailのスクリーンショットを貼っておきます。

起動したらStartを押すだけ。簡単。
081029_0001.png

記録を始めると、左右に写真と画面ロック用のボタンが。
おおまかな地名も表示されます。左上のmapボタンで地図表示が可能です。
081029_0002.png

写真も記録できる。
081029_0004.png

使用中の誤作動に。画面ロック。
081029_0005.png

使用中にStopで一時記録中断も出来ます。Resumeボタンで再開。
081029_0003.png

こんな感じです。長時間使用するときは画面の輝度を最低にすれば電池はそこそこ持ちます。iPodを使用しながらeverytrailを使っていると、本体のスリープボタンも使えるようです。どちらが電池に優しいかは不明。

ついに、今日から本格的にGoogle mapで経路検索が可能になったみたいなので、どこかドライブに出かけてみてはいかがでしょうか?個人的に経路をドラッグで変更できるのはすごく気に入っています。

Youtube 動画を貼っておきます(macbook pro使ってますね)。


スポンサーサイト

≪ 録音アプリ「iDicto」と「iProRecorder」を使ってみました。ホーム復活 ≫

Comment

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

penny

Author:penny

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

有料トップアプリケーション

無料トップアプリケーション

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Ads by Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。