PENNYWISE

life with apple.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

invisibleSHIELDを貼ってみました。

iPhoneを買ってまず悩んだ事。
それは、ケースです。落とすのが怖い、傷つけたくない。だけど、なんか変なケースはいやだ。airジャケットもなんか変な模様がでるらしい。もうどうすれば良いのかとw
なかなか気に入りそうなケースが無いっぽいので、裸で使おうと思ってたんですが、そんな時にシートタイプの物を見つけました。

クリックで拡大
080822_0074.jpg

invisibleSHIELDというフィルム。iPhone 3Gに合わせてカットしてあり、角の部分まで保護してくれる物っぽい。鍵などの金属から傷をつけられるのを守ってくれて、強度はかなりあるようです。

スクラッチテストのムービー


早速購入してみました。
本家サイトから購入して、だいたい10日程で到着。
中身はこんな感じ。スプレーとゴムヘラがついてきています。

クリックで拡大
080822_0077.jpg

作業の流れとしては、、、

シートの粘着面をスプレーで濡らす

水分でシートの粘着力が弱くなる。

その隙に位置決め。

気泡チェック。ヘラを使って気泡を押し出す。

角も含めうまい具合に貼り付くようにシートをiPhoneに押し付けるように固定。

水分が飛んだらシートが貼りついている。

とこんな感じでしょうか。
僕は不器用なのではっきり言って自信がありませんw

実際にシートを触ってみると、ペラペラですがかなり滑りにくい素材です。ベタベタまではいきませんが、撫でるとキュッキュッとひっかかる感じがします。iPhoneは滑りやすかったのでちょうど良かったかも。液晶側はサラサラの方が良いので、今回はパワーサポートのアンチグレアの保護フィルムにしました。

さて準備。埃っぽい部屋から脱出。埃の少ない深夜の風呂場へ。スプレーをかけるので、なんとなくドックコネクタのカバー(iPod touchのAir jacketについてきたもの)を装着して作業に臨みました。

カバー装着!
080822F1815.jpg


いきなり困った事が。裁断が不完全でそのまま剥がそうとするとシートが伸びそうになる。さらに手を濡らしておく事を忘れ、いきなり埃っぽいものが端っこに付着。しかも、しっかりくっついていて、もう取れないorz 皆さん気をつけてください。裁断が不完全だったことに関しては、不要なところを最初に取ってしまうことにしました。

080822F1811.jpg

手でも切り離せたかもw

080822F1814.jpg

二度目のトライ。よく手をスプレーし、シートを剥がす。
ホントにペラペラです。iPhone本体とシートの粘着面にもスプレーしてiPhone本体に貼り付ける。ここら辺は、どのぐらいスプレーするかで作業のしやすさが変わりました。不器用ならスプレーしまくるのがオススメかな。

シートのポジションを決め、ヘラで水分をかき出します。タラタラ垂らすのもなんなので、トレシーで水分を吸収させてやりました。この時点で気泡や埃が入っているようならば水分と一緒にヘラでかき出してやりましょう。ただし、埃は初めから埃が入らないように作業したほうが良いです。初めから埃が入っていると、どうしても粘着面に付いてとれなくなる埃が出てきます。粘着面同士もくっつくとなかなか剥がれませんよー!

水分が飛んでくるとペッタリくっついてくるので、それまでシートをiPhoneに押さえつけて固定します。どのくらい押さえつければ良いかは、スプレーでどれだけ濡らしたかによります。スプレーしまくったのならヘラで良く水分をかき出して拭きとってやると、くっつきやすくなります。角はなかなか付きませんね。僕は四辺(角ではない)がだいたいくっついたら、エアコンのガンガン効いた乾燥した部屋に移動しました。

角がペラペラ
080822F1819.jpg

部屋が乾燥してると角以外はすぐ付きますね。角も1-2分づつ押さえつけていればくっついてきたと思います。ただし、気を抜くと剥がれてきたりしたので、しっかり付くまでテレビでも見ながら角を重点的に押さえつけていました。

080822F1822.jpg

こんな感じでやってると無事貼り付いてくれましたが、最初に埃が入った事が悔やまれます。もう一度やろっかな。。。

invisibleSHIELDを装備したiPhone 3G
080822F1825.jpg
080822F1827.jpg
080822F1830.jpg


たしかにシートは丈夫で傷がつく事はなさそう。
非常に滑りにくいので背面の滑り止めにはもってこい。
不器用にはちょっと難しいかも。お金に余裕のある人は保険で2枚3枚買ってると安心かもしれない(ちなみに本家サイトから複数枚買うと割引されます)。
不器用なら、もうちょっと形がシンプルなskin evoBodyGuardzでもよかったかも。意外に剥がれにくいので、剥がれる心配はしなくてよさそう。

感想はこんなとこです。

これから挑戦する人は
 ・やるまえにしっかり濡らす!
 ・埃はできるだけ取っておく。
 ・作業によって空気の乾燥具合をうまく調節する。
 ・周りにキムワイプ、キムタオル、ケイドライなんかがあれば、埃も出にくいし水分吸収に使えるかも。
ここら辺を頭に入れとけば、うまくいくかもしれません。

最後にデモムービー(貼り方編)を貼っておきます。


ZAGG invisibleSHIELD
http://www.zagg.com/
スポンサーサイト

≪ Trisが消える?ホームホームアンテナを設置しました。 ≫

Comment

 んー。精密機械をスプレーで濡らすのは、たとえ僅かでも嫌ですわ(笑)。
 Airジャケットは、内側をプラモデル用のコンパウンド(2000番くらいの細目)で磨いてみたら、iPhoneに装着時、密着模様がつかなくなりました。
「コンパウンドで磨く」というのは、目に見えないような微細な傷を付けまくるという事ですから、この作業で装着面のデコボコが大きくなったのでしょう。もちろん、見た目はまったく変わない透明感です。
 俺はプラモデルをやるので持っていたコンパウンドを使いましたが、これを改めて購入するとなると小さいチューブひとつで500円くらいの出費にはなりますが、効果はありますよ。

>>びといんさん
ですよねーw最初抵抗ありまくりだったんですが、やってるうちに、その辺の感覚マヒしてましたorz
僕はコンパウンドって物がいまいち良くわからないのですが、見えないレベルの傷をつけるってことですか?興味深いですねぇ。
微妙に埃が入ってしまったので、嫌になったらtryしてみます。

コメントの投稿

 
管理人にのみ表示する
 

Track Back

TB URL

最強のiPhone保護フィルム

WILLCOMが倒産しそうだったりJOJOの花札がスゲーカッチョイイけど7,980円とかボッタクリも大概にしろやってな価格だったりと、イロイロとアレがナニな今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか、あるかでぃあデス。 (´∀`) ジョジョの奇妙な花闘 ~杜の花~ 露伴が居

Home

プロフィール

penny

Author:penny

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者

検索フォーム

有料トップアプリケーション

無料トップアプリケーション

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Ads by Google

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。